求人掲載についてお考えですか?

広告掲載について

ご不明な点がありますか?

お問い合わせ
風俗求人『みっけ』のスマホサイト

『みっけ』相談窓口

掲載されている風俗店の求人情報の内容が事実と異なる場合や、ご応募の際にトラブル等がございましたらお知らせください。

アパレルや美容師に「風俗バイト」が向いている理由4選

アパレルや美容師に「風俗バイト」が向いている理由4選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容師やアパレル関係の女性は、風俗バイトに向いていると言われます。これは、何故なのでしょうか。そもそも、いずれも本業があってお給料をもらっているはずなのに、どうして副業として風俗バイトをするのでしょう。副業として風俗を選ぶ理由等とあわせてご紹介します。

どうして副業をするのか

美容師やアパレル系というと、それなりにお給料をもらっているように見えますが、実は意外にお給料が低いところが多い職業です。自分のお店を持っていたり、カリスマ美容師でもない限り、同世代の他の職業の人に比べて安いお給料であることが多いのです。アパレル系だと、勤務中は自分の努めているショップの服を自腹で購入して着ることが義務付けられていることもあります。アパレル系のショップ店員は社員割引があるとは言っても、お給料が安いのに頻繁に服を買わなければならないとなると、生活は楽ではないでしょう。それでも、美容師やアパレル系で働く人の中には、いずれは自分でお店を持ちたいと考えている人がいます。自分でお店を持つには、かなりのお金が必要になりますが、お給料は安いのですから副業でもしなければ、目標金額まで貯めるのは非常に難しいでしょう。

このような理由から、美容師やアパレル系の人は副業をする場合が多くなっています。

シフトが不規則


美容師は特に勤務時間が長くてハードです。お店が終わった後にカットの練習等をしなければならないこともあります。また、営業時間が長いためにシフトも不規則になりがち、というお店も少なくありません。最近は利用者のニーズに合わせて24時間営業している、というお店もあります。そのために昼夜逆転の生活になってしまう美容師もいます。それに、アパレル系も美容師も立ちっぱなしで仕事をする時間が長く、体力がなければ続けられません。そんな状況の中で副業をするのですから、誰だって効率良く稼ぎたいところ。

そうなると、副業は高収入が狙えるものでないと難しいということになります。それに本業がありますから、週に1、2回短時間でも稼げるような副業があれば最高です。風俗なら自分の都合に合わせた働き方をさせてくれるお店が多いですから、ぴったりと言えるでしょう。また、デリヘルのように夜遅くや朝まで営業しているようなお店もあります。そういったお店であれば、美容師やアパレルのお仕事が終わってからでも、体力に余裕があれば働けます。時間の融通も効いて高収入が可能なのですから、風俗は副業として見ると魅力的なのです。似たようなナイトワークとしてキャバ嬢もありますが、キャバ嬢は勤務時間外にも営業メールを送る等やらなければならないことがあったり、お酒を飲まなければならなかったり、ノルマがあったりするので本業と両立するのは難しい場合があるのです。特に本業がハードな場合、キャバ嬢を副業とするのは厳しいと言えるでしょう。

美容師は触れたり触れられたりに抵抗が少ない

アパレルだとそうでもありませんが、美容師という職業では男性も含めて他人の体に手で触れる機会が他の職業よりも多いため、他人の体に触れる、他人から触れられるということに対して、抵抗が少ないと言われています。冷静に考えてみると、他人の髪に触れる機会というのは、一般的には自分の家族や恋人などかなり身近な人以外だとなかなかないものです。よく知らない人の髪にいきなり触れてみる、というのは気が引けるという人も多いのではないでしょうか。ですが、美容師は日常的に他人の髪に触れています。そういう意味でも、美容師は他人に触れることに抵抗が少ないと言えるでしょう。看護師、介護士、マッサージ師なども同様です。他の職業の人だと、自分では意識していないところで抵抗があったり、ついお客様との距離が遠くなってしまったりします。ですが、お客様からするとこれは少し寂しいですよね。そのため、美容師は有利でもありますし、風俗バイトを始める時にも比較的やりやすくなるようです。

美意識の高い人が多い

美容師、アパレル系のお仕事をしている女性というのは、美意識が高い人が多いのです。どちらも、容姿に関係するお仕事なのですからこれは当然と言えるかもしれません。流行にも敏感ですし、オシャレな人も多くて外見の良さを求められることも多い風俗では、有利ですし向いてもいます。もちろん、外見だけでは人気嬢になれないのが風俗の難しさでもありますが、外見が良いに越したことはありません。特に最近は、パネマジに慣れてしまって外見の要求レベルが上がっている男性も増えており、オシャレで外見の良い美容師、アパレル系の女性というのはお店側にとっても魅力的な存在なのです。

また、普段から美意識が高い人達ですから、自然と女子力をアピールすることもできます。風俗を利用する男性客は、やはり風俗嬢に女性らしさや可愛らしさなどを求めていることが多く、無理なくこういったポイントをクリアできる美容師やアパレル系の女性にとって、風俗での副業は向いているというわけです。

接客スキルが高い人が多い


美容師もアパレル系も接客業に分類されるお仕事です。もちろん、風俗も接客業です。接客とは全く関係のない仕事をしている女性と比べると、接客スキルが身についているので、風俗で働き始めても人気が出やすい傾向があります。たとえば、初対面のお客様との会話を美容師やアパレル系だと当たり前のようにお仕事の中で行います。美容師であれば、会話をしながらもカットなど施術はミスなく行わなければなりません。アパレル系も、会話しながらそのお客様に合ったコーディネートを考える必要があります。そして、何よりもお客様に嫌な思いをさせず、また来てもらえるようなトークもしています。この会話スキルというのは、すぐに身につくものではありません。風俗店でも、トークをしながらお客様に対してサービスを行わなければならない場面がありますから、会話とサービスの両方をきちんとこなせる能力を持っているのは、非常に助かるはずです。

他にも、お客様に対する気遣いが身についている人も多いので、癒やしを求めて風俗店にやってくるお客様の心を掴みやすく、人気嬢になりやすいのです。美容師であれば、疲れたお客様にヘッドマッサージを行ったり、軽くマッサージしてあげるとなお喜ばれるでしょう。これは、美容師だからこそできることです。

風俗店側からしても、最初からこういったスキルを持っている可能性が高い美容師、アパレル系の女性は魅力的な人材ということになります。

まとめ

最後にアパレル系、美容師に風俗バイトが向いている理由をまとめてみると、次のようになります。
・高収入で勤務時間の都合がつきやすい
・美容師は触れたり触れられたりすることに抵抗が少ない
・美意識が高くオシャレな人が多い
・接客スキルが身についている人が多い

さらに、アパレル系、美容師はお給料が安く、自分のお店を持ちたいという夢を持って頑張っている人が多いため、副業をしている人が多いのです。ハードなお仕事なのにお給料は安く、きついのは確かですがそれでも好きなことを仕事として続けていきたいからこそ、足りないお給料を副業で補おうというのでしょう。本業として続けていなくても、アパレル系、美容師として働いていた経験とスキルは風俗に活かせるものであり、向いていることは間違いないと言えます。

関連する記事

あなたの悩みを『みっけ』で解決♪お悩みQ&A

Q

指名取れない。

メンズエステに入店して数ヶ月経ちました。 最近というか…入った当初からあまり指名が取れず行っても何もせずに帰ってくる事が多いです…。 お店から写メ日記を出勤した日には5件上げるように言われているのです…(2018.01.18)

Q

月1回出勤

横浜辺りで働きたいと考えてます。隣の県に住んでますが月に1回から2回でも本当に働かせてくれるのでしょうか?自分の働くスイッチを切り替える為にも少し遠い所で働きたいです。私は38歳既婚者です。2度の出産…(2018.01.18)

Q

ホテヘルとデリヘル

あんまり違いが分からないんですけど働くならどっちがおすすめですか?(2018.01.18)

Q

別のお店に移りたいです。

人妻店に入店してるのですが、3週間(6日間)のうち5日間とも5時間いてお茶を引いてしまいました。 お客さんが付いたのも1回だけで、私が出勤している時間に電話が鳴ったのもその一本だけでした。 別のお…(2018.01.18)

Q

中級以上のS着ソープのスペック診断

28歳、身長161cm 56kg 91F 63 92で 化粧をすれば割と顔を褒めてもらえるタイプなのですが、中級以上のS着ソープは受かりそうですか? 経験は川崎高級で二年ありますが、今より痩せていたの…(2018.01.18)